シン・ウルトラマンの良かったところ

批判だけ書くのはフェアじゃないので、良かったところを書きます。ぶっちゃけ、大嫌いな作品って訳でもないですからね。☆怪獣、宇宙人の解釈がすばらしいまずデザインがすごいですよね。ザラブの背中にはびっくりしたし、原作以上に「シンプル」なメフィラス…

【否定的】シン・ウルトラマンの感想・評論

結論から言うと、10点中5点です。あと、ブルーレイが発売してても買わないと思います。まずは『セクハラ』の件、その次はヒーローや怪獣の描き方について、その次は『スパイダーマン』や『ドクターストレンジ』との比較について語ります。一つ目。面白かった…

ある世界の話

この宇宙が生まれる前、二つの宇宙があった。光の宇宙と闇の宇宙である。光の宇宙にはジ・アイオーンという精神生命体がおり、光の力によって宇宙を護っていた。そこには、星々を超えて広がる超古代文明があった。闇の宇宙にはダーク・アルコーンと呼ばれる…

【MCU】スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホームの考察と感想・前編【SONY】

どうも、マンボウ☆ロマンボウです。今回はアメコミ映画「スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホーム」について、感想と考察を書いていきたいと思います。今回は前編ということで、感想の方がメインですかね。後編では「この映画におけるヒーロー性とは何か」につ…

【特撮考察】ウルトラマンと地球意志 〜多神教としてのウルトラマン、あとガメラ〜

ウルトラマングレートでは、地球意志が二体の怪獣を呼び寄せ、人類を滅ぼそうとした。ウルトラマンガイアでは、地球意志が二体の巨人を生み出し、人類を守った。二つの作品は、同じウルトラシリーズ、同じ90年代の作品でありながら、『地球意志』を真逆に描…

【MCU】アイアンマンの二つの軸 〜戦いの二つの本質?〜

『アイアンマン』の完結編にあたる作品はアイアンマン3とエンドゲームの二つあるけど、彼の物語は二つの軸を持ってた気がする。「自分の行動で生み出してしまった敵との戦いや、自分自身の恐怖や妄執」という軸が一つ。「実在する外敵の脅威」という軸が二つ…

【MARVEL】アメコミ映画、モービウスの感想【SONY】

どうも、スパイダーマンNWHを観に行こうと思ったら、劇場ではもうやってなくてがっくり来たマンボウです!くそ〜代わりにスパイダーマンの悪役「モービウス・ザ・リビングヴァンパイア」を主役とした映画「モービウス」を観に行って参りました。これがですね…

書きたくない体操

うあー記事を書くのめんどいー

時間に対する恐怖

スケジュールが怖い。何をすれば良いのか分からない未来が怖い。報われる事が保証されていない未来。世界がオレを殺す。という妄想はいきなり現実になる。スケジュールをどう書けばいいか、どう書きたいか、書いたものを実現できるのか。全て知らないままス…

【創作】ソムチャーイ・デチャと不思議な扉(短編)

僕の名前はタカナシ・タケル。僕がその男に出会ったのは、タイ旅行に行った時だ。親戚の家に、ソムチャーイ・デチャという男がいた。彼も僕の親戚である。「タカナシくん、君は小説家を目指しているんだってね」「はい、そうです」「僕も、君と同じで小説家…

あいうえおー

おえういあ

うんち

うんち

MCU考察についてのメモ(4/5)

やばい。アイアンマンとキャップとスパイダーマンの考察を個別にするはずだったのに、書いてるそばから考察のネタが増えてしまい、まとめられなくなっている。とりあえず、メモ的な感じで考えを整理してみたい。・アイアンマン/トニー・スタークについてアイ…

創作のために過去を掘る その2

キャラクターについて。今回は、小学五年生の時に作ったキャラクターのことを考えてみる。ブレイブマン宇宙キリガミネという田舎出身(失礼)。なぜ霧ヶ峰なのかというと、小学校の夏休みの合宿?で霧ヶ峰に行ったから。まあまあ楽しかった。実は名前が示す通…

創作のために過去を掘る その1

知り合いに、ニュータイプかと思うほど感覚の鋭い人がいて、僕は彼からアドバイスをもらった。「創作をする時、キャラクターの中身にこだわるべき。キャラクターにこめた想い・願い・祈りのようなものを、過去から探す必要がある。あなたは未来にばかり目を…

日記: 4/4(月)

良かったこと:外出して気分転換ができた今日気づいたこと・ブログを書くのはやっぱり大変だ。特定の人に向けて書くのと比べて、文章量や説明の仕方を考えるのが難しい。つい先延ばしにして、ブログ化すべきネタを知り合いに喋ってしまう。(面白いネタはいく…

古代民族グロンギ、実はアギトのifだった説

うん。クウガとアギトの考察は色々考えたけど、これが一番大事だと思った。クウガとアギトが連続している……すなわち、時系列のズレこそあれど、アギト本編の二年前に終息したという「未確認生命体事件」が「グロンギと人の戦い」であったならば、そこには次…

クウガとアギトについて考えていること

仮面ライダーシリーズの中で、クウガとアギトは微妙な関係の作品だ。この二つは世界観が微妙に繋がっているけど、一応別々となっている。具体的には、クウガでは2000〜2001年に起きた未確認生命体事件が、アギトでは1999年に終息した事になっている。なので…

【少しネタバレ】スパイダーマン/ノー・ウェイ・ホームの感想

【注意】微妙にネタバレがあります。一応ボカしてあるけどご注意!MCUの… そしてスパイダーマンの最新作であるスパイダーマン/ノー・ウェイ・ホームを観た。一言でいうと… 『神』名作だった。主人公ピーター・パーカー(=スパイダーマン)は、MCU最初のヒーロ…

妹からの指摘 (マニ教風ファンタジーの話)

これまで『マニ風ファンタジーをつくろう』という記事を書いてきたが…妹にその記事を見せたところ「普通に面白くなかった」という残念な反応が返ってきた。ホワイ。妹「そもそもマニ教の基本的な事が分からないから、アレンジした所だけ見せられても分からな…

架空地図

最近、ベビースターを並べて地図っぽい線を作る遊びにハマっている。写真を撮り、線だけを抜き出して色を塗れば、それはもはやベビースターではない!A5が法皇領で、B大陸に皇帝がいるみたいなイメージ。皇帝派と法皇派は対立している。A8は魔法使いが多い国…

【ジョジョ考察】ジョンガリAは本当に弱いのか?プッチに殺された理由を考察

最近、Twitterの一部界隈で「ジョンガリ・Aは本当はすごく雑魚で変なやつなのでは??」といった、小馬鹿にして面白がるような風潮がある。気に食わない。僕はジョンガリ・Aが大好きな訳じゃないが、ちょっと好きなので弁護してみたい。・ジョンガリ・Aは凄…

ゾロアスター教とマニ教を調べた感想

創作の取材と、自己満足という目的を兼ねて、ゾロアスター教とマニ教について調べた。その感想。・ゾロアスター教のアムシャ・スプンタ(善の神々)はやっぱり抽象的。どうやら、聖なる神スプンタ・マンユとアムシャ・スプンタは、預言者ゾロアスターが作った…

書き始めるぞー!

初めていくぜーい