【MARVEL】アメコミ映画、モービウスの感想【SONY】

どうも、スパイダーマンNWHを観に行こうと思ったら、劇場ではもうやってなくてがっくり来たマンボウです!くそ〜


代わりにスパイダーマンの悪役「モービウス・ザ・リビングヴァンパイア」を主役とした映画「モービウス」を観に行って参りました。これがですね、メチャクチャ良かったです。個人的には。


あらすじについては割愛します。あと、ネタバレありです。



主人公マイケル・モービウスは天才医師ですが、先天的な病気で体はやせこけ、歩く時も松葉杖が欠かせません。自身の病気を治すため、吸血コウモリの血清を注射したモービウスは怪物となり… という序盤。「モービウスは面白くない」「いや、NWHほどではないが面白い」という前評判があったのでMCUインクレディブル・ハルクみたいな映画なのかな?」と思いました。あれも天才科学者が薬で怪物になる話ですからね。


しかし、実際に観れば違いが分かります。モービウスは凶暴で怪力ですが、「いや、これ吸血コウモリってレベルじゃなくない?」という物凄いスピード、移動する時のコウモリっぽいエフェクト、エコーロケーションによる超感覚など、様々な個性があります。ちょっと厨二病っぽい感じで、どの技もカッコいい。多分、ヴェノムとかが好きな人ならハマるんじゃないでしょうか。


また、モービウスの物語には、マイロ(本名はルシアン)という強烈なライバルがいます。彼はモービウスの少年時代からの友人として、序盤から登場します。そんなマイロは、自分の病気を治すために、勝手にモービウスの血清を使ってしまう。そして、モービウスが働いていた病院の看護師を殺してしまうのです。


物語は、怪物である事を拒み、親友を止めようとするモービウスと、積極的に人を襲い、怪物である事を楽しむマイロの二人を軸に展開していきます。こういう「兄弟のような二人が、力や状況によって道を違えて…」という関係性は、ライバル関係の王道ですね。印欧神話でいうならマヌとエモ、ジョジョでいうならジョナサンとディオみたいなもんです。


この「王道のライバル関係」がある事によって、モービウスは非常に楽しみやすい映画となっている気がします。


さて、エンドロールのあたりでは「夜空に亀裂が入ったような謎の光景」や「誰もいない監房に転移してきたエイドリアン・トゥームス、それを報じるニュース」などが映りました。スパイダーマン/ホームカミングやノー・ウェイ・ホームを見た人ならお気づきでしょうが、彼はMCUの世界から転送されてきたヴィラン、バルチャーです。そのバルチャーが、逃走中のモービウスを勧誘するシーンで映画は終わります。


この映画の世界観について、SONYの偉い人は色々話し合ってる途中らしいです(監督がインタビューで言ってたはず)。なので、モービウスの世界がアメスパの世界なのか、サムスパの世界なのか、また別の世界なのかは不明です(アメスパだったら個人的には嬉しいかな笑)。


そもそも、バルチャーが異世界転移した理由が不明です。ドクター・ストレンジの魔法の影響で飛ばされたようにも見えますが、まったく別の理由かもしれません。全てはSONYの偉い人次第です。


それに加えて、バルチャーがどうやって新スーツを作ったのかも謎です。チタウリの遺した素材を使わずに、どんな材料をどこから調達したのか。個人的には、「新スーツを作るための資材や技術を提供した者」がどこかにいると考えます。そいつはバルチャーやモービウスなどの怪人を集めて、恐ろしい悪の組織を作ろうしているのではないでしょうか……。


というわけで、今後の展開が気になる映画でした。こういうのは下手に期待すると良くないですが、「モービウス」自体が面白かったので、ぜひ期待したいと思います笑


ではでは。