【小説】イルカ帝国の野望 その4

「来るなら来いっ!」


「はああーっ!!」


星太郎が動く。大きく跳躍し、右手にエネルギーを溜めながらカイルに飛びつく。それに対し、カイルは瞬時に光線銃を放つ。


「ぐあっ!?」


ドン、という衝撃。カイルに接近していたはずの星太郎は、遥か後方に弾き飛ばされる


「い、いてて…」


「ふふふ、それが冒険者か!」


だが、カイルの正面にいきなり桜野悠月が現れる。


(こいつ、この距離を一瞬で詰めて──!?)


驚く暇はない。


「はっ!!」


かけ声とともに刃が閃く。悠月の剣が、カイルのヒレを切った。


「ぐあっ!」


思わず光線銃を落とし、座敷の奥へと下がるカイル。剣に光の魔力を込め、構えをとる悠月。


桜野流──奥義・浄風烈火斬!!」


炎をまとった素早い斬撃で、カイルの体が切り刻まれる。


「がっ!ぐっ!があああーーっ!!!」


全身から血を噴き出し、カイルは畳の上に倒れ込んだ。


「観念しろ、化けイルカ」


カイルに向かって切っ先を向ける悠月。カイルは血にまみれた状態で、口を開く。


「き……貴様……。武器は原始的だが、スピードとパワーは我が国の戦士を上回っているな…。名を……名をなんと言う」


「私の名は桜野悠月(さくらのゆづき)だ」


「ほう、サクラノ・ユヅキか……。貴様のことは一生忘れん。そして、帝国に帰ったら報告しよう。『地上には、ボウケンシャという魔物がいる』──とな」


「いや……お前はここで死ぬから帝国には帰れないし、冒険者は魔物ではないんだが??」


困惑する悠月をよそに、カイルは呪文を唱える。


「さらばだユヅキ……転送(ソネート)──セントラルキャッスル!」


カイルは白い光に包まれ、一瞬で消えてしまった。


「師匠!イルカは?」


星太郎が土足で上がり込む。悠月は剣を仕舞った。


「逃げられた。転移魔法を使う魔物とはなかなか戦う機会がなくてな。油断してしまった……」


悠月はため息を吐く。


「そうか…」


星太郎も落胆するが、ちゃっかりアイテムを拾っていた。光線銃の銀色のボディを見ながら、星太郎は使い道を考えるのであった……。